将来を考えすぎて行動に移せないくなっていませんか?
見出し画像

将来を考えすぎて行動に移せないくなっていませんか?

こんにちは!!!!!!

午前0時を回りました!寝ようと思ったけど、書きたい記事ができたので今、キーボードをカタカタ叩いております(笑)

突然ですが、あれもやってみたい、これもやってみたいと思うのに、なかなか行動に移せなかったりしませんか?

私がまさにそういうパターンに陥りやすいタイプで、なんでやりたいことが沢山あるのにすぐに行動に移せないんだろうと考えてみました。

もちろん、できない理由に、『子育てが大変』『仕事が大変』『勉強が大変』『家事が大変』などいろいろあると思います。

でも、その行動に移せない理由の一つに『将来のことを考えすぎている』という方もいると思います。

どういうことかというと、何かやりたいことを選ぶときに、どっちが将来性があるかな、とか、どっちがうまくいくかな、お金になるかな…と先々のことを考えすぎてしまってなかなか始められないという状況に陥っているということです。

私自信、ある年齢から、「将来性があってお金になること」を基準に将来なりたい職業を決めるようになりました。

なので、本当は漫画家になるのがずっと夢だったけど、ある時漫画家は稼げないということを耳にし、漫画家になる夢を諦めました。

というより、将来の夢の選択肢から漫画家を消したと言ったほうがあっているかもしれません。

そうするうちに、将来なんて誰にもわからないのに、未知なる将来性を重視してやりたいことを決めるという癖が知らず知らずのうちについてしまっていました。

私が漫画家を諦めた時(2004年頃)、誰がLINE漫画やピッコマ、comicoのような漫画アプリで誰でも自分の作品をアップして容易に多くの人の目に触れる機会を得ることができると思ったでしょうか。

誰が、2006年にリリースされたTwitterがこんなにも多くの人に使用され、未だに盛り上がっており日本国内だけでも4500万人の人に愛用されていると予想したでしょうか?

そのTwitterを使用して多くのTwitter生まれの漫画家が登場するなんて誰も思ってもみなかったでしょう…。

当時は年収1000万円ほしいなら、何年も勉強して医者か弁護士になれ!と言われていた時代ですが、今は1年プログラミングの勉強をしてプログラマーとなり1000万稼ぐ人や、ブログで月500万稼ぐ人、LINEスタンプで何千万も稼ぐ人など稼ぎ方が多様化し、2000年代初めにそんなの予想してた人なんている?(笑)

未来なんてどうなるかわからないんです。

儲かる儲からない、将来性があるかないかよりも、『何が一番自分がやりたいのか』、『本当にそれをやりたいのか』、『それをやるとワクワクするのか』など自分の気持ちをもっと大事にすべきだと気付きました。

そして、これをやると決めたら結果が出るまでやってみる。

いろんな方法でやってみる。

結果がでなくても別のやり方でやってみる。

そしてなにより、その過程を楽しむ。

それこそが一番大事なんじゃないかな、と最近思うようになりました。

もちろん、将来性を考えることも大切だと思います。

ただ、それに囚われ過ぎて行動に移せずに頭でばっかり考えたり、ネットで検索しまくったりしてもそこには答えはありません。

将来今自分がやっていることが仕事としてなりたたなくなる可能性はあるかもしれないけど(AIの普及などで)、またそれは時代と共に変化させていけばいいわけだし、今やっていることで結果が出始めたらまた新しいことも取り入れてみて、得意なこと、できることを増やしていけばいいのだと思います。

今、自分がやりたいこと、やってみたいこと、わくわくすること、好きなこと、これをやっている時は時間を忘れてしまうほど夢中になる、そんなものを見つけてそれを伸ばしていけば、きっと大きな結果に結びつくと思います。

いろいろ頭で考えすぎずに、自分の気持ちに正直に生きることがこれから先の時代に合っているんじゃないかな…?と思います。

まさに、『好きこそものの上手なれ』ですね。

今、あなたが挑戦してみたいこと、わくわくすることって何ですか?

自分にはできると信じれば、あなたはもう道半ばまで来ている!ルーズベルト
1991年生まれ沖縄・福岡・埼玉で育ったイラストレーター。2019年イラストレーターとして活動開始。2020年1月より塾講師を辞めフリーランスに。noteではSNS運用についてやイラストレーター・漫画家に役立つ情報を発信します。公式ウェブサイト▶aoikamoe.com