ツイッターが私の人生を変えた
見出し画像

ツイッターが私の人生を変えた

どうも、こにゃにゃちわ。あおてぃんです!

今日は、ツイッター始めて5ヵ月目の感想を書きたいと思います。

私がツイッターに初めて投稿したのは7月の始め。

それまでは個人アカウントというか、見る専門のアカウントで、フォロワー数は0でした。

わたしの友人がツイッターでブログとTwitterを始めたのをきっかけにわたしもやってみようかなーッという感じで始めたツイッター。

当初はブログをやっていて英語や留学に特化したブログだったので、ツイッターも英語や海外情報について発信していました。

1ヶ月が過ぎたあたりから、方向性に迷いがでてきて、そもそも自分英語が好きなのかな?何に繋げようとしているんだろう…と悩み始めてツイッターもフォロワーが700人あたりから伸びなくなり、やめようかなーなんて考えていました。

さよみみ部屋というブロガーが集まるサロンに入っていたんですが、主催者のさよてぃーぬさん、みみみみさんに絵が描けるという話をちらっとして、「イラストできる人は強いよ!絶対やったほうがいい!」と背中を押され、英語をメインにイラストをサブでやり始めました。

それから企画とかでイラストプレゼントとかやり始めて、もう、楽しくて楽しくて!!

人のために絵を描いたことがなくて、絵を描いてもほめられることがあっても感謝されることは経験したことがなくて、プレゼントしたイラストで喜んでくれる人がいるということに感動しました。

それから絵にどっぷりハマり、毎日、子どもを寝かせてから夜遅くまで練習したり、いろんなソフトを研究したり、充実した毎日を過ごすことができました。

そうやってツイッターで「好きなこと」を発信しながら、「あおてぃん」という名前でかっこつけることなく、アホでうるさくて人懐っこい自分を100%出してツイッターを楽しんでいると、気づいたら2000人を超えるフォロワーさんがいて、みんなに応援される愛されるアカウントになっていました(自分で言うてしまった)。

今思えば、ツイッターやっていなかったらイラストレーターにはなっていなかったし、このまま母の会社を継いでいたと思います。

確かに会社を継ぐ方が楽だし、収入もいっぱいあるけど、ほんとに自分の人生それでいいのかな?って思うとそうじゃないと思うし、別に大したお金がなくても、好きなことで自由に生きれるほうが幸せなんじゃないかなって思うんです。

母も好きなことを仕事にしたほうが、人間伸びるし何より楽しいよ、とイラストレーターとしての道を応援してくれています。(ちょっと前までは大反対だったけど)

わたしの想いと、頑張りを評価してくれて、本気度が伝わったんじゃないかな。

これからもっともっとイラストレーターとして活躍していきたいし、英語も話せるので世界にも飛び出したいと思っています。

そのためにはもっともっといい作品を作ってより多くの人を魅了し、経験を積んでいかないとなって思います。

本当にツイッターで応援してくれるフォロワーの皆様には感謝しきれないほど感謝しています。

そして、ツイッターで出会った同士たちにもいつも刺激と勇気を与えてもらって頭が上がりません。

ツイッターがわたしの人生を変えたというよりも、ツイッターにいる「人たち」がわたしの人生を変えたという方があってるかもしれませんね。

何でもいいので行動してみること、そしてそれを徹底的にやりつくすことで、少しでも前に進むことができるということを学んだ良い機会でした。

これからもツイッターで発信し続けたいと思います。

自分にはできると信じれば、あなたはもう道半ばまで来ている!ルーズベルト
1991年生まれ沖縄・福岡・埼玉で育ったイラストレーター。2019年イラストレーターとして活動開始。2020年1月より塾講師を辞めフリーランスに。noteではSNS運用についてやイラストレーター・漫画家に役立つ情報を発信します。公式ウェブサイト▶aoikamoe.com