蒼井アオ
ずっと楽しみにしていたクレープを買いに行ったら店員さんが異常に不機嫌だった話
見出し画像

ずっと楽しみにしていたクレープを買いに行ったら店員さんが異常に不機嫌だった話

蒼井アオ

いいねを押すと、ランダムに名言が飛び出てくるよ!

家の近くのイオンにね、クレープ屋さんが入ってるんだけど、生地が米粉で作られているからなのか、クリームが特別なのかわからないけど、とにかく美味しい。

そこでいつもチョコバナナを買うのだけれど、期間限定でマロンクレープが出ていてずっと狙っていた。

いつもタイミングが悪く買いそびれていたのだけれど、流石にそろそろ行かないと無くなっちゃうんじゃないかって(期間限定だから)、今日意を決して行ったわけですよ。

息子がラーメン食べたいと言うもんだから、フードコートでラーメンを息子と分けて食べた。(一杯のかけそばみたい)

クレープ食べるつもりで来たのにラーメンで結構腹一杯になっちゃって、今回ももしかしたら危ういな…と思いつつ、とりあえず前を通ってモチベーションを上げる作戦にでた。

20時に閉店で19時50分がラストオーダー。店に着いた時刻が19時23分で、一人お客さんがいた。お腹と相談してかなり迷ったが、前にいたお客さんが帰っていったと同時に、せっかくだしと思ってレジに並んだ。

さっきまでいたはずのレジのお姉さんが裏にいっちゃっていなくなっていた。もう一人いたけどなんか作業してる。こう見えても遠慮がちな私は、気づいてもらうまでレジで待ってみた。

2分くらい待ったところで、裏からお姉さんが出てきた。明らかに「うわっ」って顔をしてめんどくさそうに注文も取らずに棒立ちしている。

「えっと…マロンクレープ一つください。あ、あと、ソフトクリームをカップで…(息子の分)」

「あと、黒糖ミルクティーください」と、旦那くん。

「1050円です」

「はい」

これだけのやりとりだったが、終始お姉さんは不機嫌で、むしろどんどん不機嫌になっていく。クレープを作っているときのお姉さんは怖すぎて直視できなかった(クレープって作ってるところ見るの感動するのでいつも楽しくみてるのだけれど)。

アイスを先にカップに入れてクレープを作り始めた。アイスを先に渡してくれるのかなと思って受け渡しのところに立っていたが、渡す気配なし。ちょっとずつ溶けていくアイス。

乱暴に放り込まれる栗たち。かけすぎじゃない?と思ってしまうほどのシロップ(申し訳ないけど見ていてオエッとなるほど)。使うたびにバンバンと台に叩きのめされる生クリームの入った袋やフライ返しみたいなやつ。

お姉さん、なんかあったんかな。

この続きをみるには

この続き: 1,996文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
コヒー2杯分で、漫画制作の裏側、フリーランスの生き方、SNSマーケティングについて蒼井アオの頭の中を見ることができます。普段考えていること、私生活についてもこっそり覗き見できちゃいます…

蒼井アオの創作部屋

980円/月 初月無料

『蒼井アオの創作部屋』では、独学・未経験でフリーランスになり、漫画家イラストレーターとして活動する子持ちママの思考や創作活動をこっそり公開…

成功の反対は失敗ではなく「やらないこと」だ 佐々木則夫
蒼井アオ
1991年生まれ沖縄・福岡・埼玉で育ったイラストレーター。2019年イラストレーターとして活動開始。2020年1月より塾講師を辞めフリーランスに。noteではSNS運用についてやイラストレーター・漫画家に役立つ情報を発信します。公式ウェブサイト▶aoikamoe.com