イラストレーターと名乗り始めて1年経ったので振り返ってみる。
見出し画像

イラストレーターと名乗り始めて1年経ったので振り返ってみる。

こんにちは。
蒼井アオ(@aoteen__)です。

イラストを描き始めてもうすぐ丸一年が経つので、振り返ってみたいと思います。

一年前は、フルタイムでパートをしていましたが、今ではイラストレーターと名乗っても恥ずかしくない程イラストや漫画のお仕事をいただけています。

サタケシュンスケさん(@satakeshunsuke)の #もっとお金の話をしよう というタグに便乗してお金の話も入れています。

やっぱりどんなに好きなことでも無一文でやるよりは、稼ぎたいですよね。

なので、少しでも励みになりますようにという気持ちも込めて公開することにしました。

目次を見ていただければ、大まかな内容がわかるので、ご興味あればご購入下さい。

(ご購入後、詳しい内容や数字を口外したり、ネット上にアップすることなどはご遠慮ください。)

\イラストレーターになって私の人生は大きく変わりました!/
・出会うはずのなかった人たちに出会えた
・Twitterのフォロワー1万人、TikTok7万人、インスタ1.1万人人になった
・大手企業のお仕事に携わることができた
・未経験から2週間でアイコン・ヘッダー制作
・2ヶ月で初の企業様案件
・5ヶ月で出版社案件、雑誌のカットイラスト制作 
・11ヶ月でイラストの連載決定(無くなりました、詳しくはおまけ②)
・12ヶ月で最高単価15万円達成

仕事を獲得するのに大事なのは、「作品作り」、「営業」、「スキル」だと感じます。

・同じようなクオリティの作品をできるだけ多く作ることでクライアントが一瞬であなたのタッチやクオリティを把握することができる
・電話が苦手ならメールでもOK!SNSで発信しつつ、地道に営業することも大事
・常にスキルを磨くことを忘れずに、スピードも上げることが単価UPに繋がる

上記を意識してやることで、無駄なく短期間で欲しい案件を取れるようになり、単価を上げることができるようになりました。

このnoteでは、私がこの一年やってきたこと全て書いています。

もちろん、上手くいったことばかりではなく、失敗したことや反省したこと、今後どう改善していくのかなどの点にも触れています。

これを読んで道に迷っている人の勇気となるように、また、イラストを始めたいけど何からはじめたらいいのかわからないという人たちのためになるような内容にしています。

本書は、1年前の私のような人に向けて書いたものなので、どちらかというと、初心者に向けになります。

あなたがこんな人であれば、このnoteはおすすめです。

・イラストをお仕事にしたいけど何から始めたらいいかわからない
・メールでの営業方法が知りたい
・イラストや漫画で稼げるようになりたい
・イラストレーターになるために必要なものを知りたい

本書を読めば、この辺りの解決策が見つかります。

但し、
----------------------------------------------------------------
・このnoteを読めば、努力なしで効率よく稼げるんでしょ?
・書いてある通りにやればいいんでしょ?
・これ読めば案件がいっぱいくるんでしょ?
・イラストの描き方を知りたい!
----------------------------------------------------------------

このような考えや期待をお持ちの方は、このnoteでは期待に沿えないと思います。

努力」や「労力」がどうしても必要になってきてしまいます。
そして、毎日積み上げていくことも大切です。

企業案件をいただくためには、最初に準備するものもある程度ありますし、初期投資だって少なからず必要になってきます。

このnoteは努力してでもイラストで稼げるようになりたい、プロのイラストレーターを目指しているという方の背中を後押しする内容になっています。

それを踏まえた上で購入するか検討してみてください。

本書を購入して、良かったなと思っていただけたら、是非、ツイッターでツイートしていただけたらRTします!その際、#蒼井のnote感想文  と入れていただけたら見つけやすいのでお願いします。

※2020年8月12日・13日の2日間のみ500円での販売です!(※終了しました)

イラストレーターになったきっかけ

今、振り返ってみると、「イラストレーターになりたい!」と思ってなったというよりは、気づいたらイラストの道に進んでいたという感じでした。

きっかけはTwitterだったのですが、当初はブロガーとして始めたんです。

ブロガーのオンラインサロンに入り、講師の方に絵を描くのが好きという話をしたら、「イラスト絶対やった方がいい!」と後押しされ始めたのがきっかけです。

そこから、Twitterでは、「イラストを描く人」として発信し始めました。

第1章:イラストで稼ぐ最初の経験としてアイコンはあり?

最初は、個人の方相手にSNSで必要なアイコンやヘッダーを作成するお仕事のみをやっていました。

ちなみに、アイコン3000円、ヘッダー5000円でお受けしていました。

当時は、企業案件をやりたいから自分の実績としては載せられないアイコンをやり続けることに抵抗がありました。

ただ、今思い返せば、そもそも最初になにもコネも伝手もない、スキルもない人間が、イラストで稼げるの?って不安でした。

なので、好きなイラストで稼げるという感覚を得るためには、アイコン案件を取ることは比較的簡単なので、ありだと思います。

ただ、お小遣い稼ぎができればいいという場合を除いては、個人案件ばかりやっていてもその先に進むことはできません。

自分が目指すところをしっかりと決めて、個人案件で少し稼ぎつつ、次のステップへの準備も並行してやることが大事です。

では、実際に初めてのアイコン案件を獲得するためにやったことをご紹介します。

①アイコンの案件を取るためにやったこと

まずは、フォロワーを増やすところから始めました。

ココナラなどでやるのも良いのですが、TwitterやInstagramで無料でアイコン差し上げます!という企画をすることで少し認知度を上げ、宣伝する方がスピード力はあると思います。

私は、フォロワーが200人くらいだった時に、Twitterで企画を打ち出しました。

内容は以下のような感じです。

\アイコンプレゼント企画/
■参加方法
・あおてぃん(旧名)をフォロー
・このツイートをRT
■応募期間
〇〇月〇〇日 〇〇:〇〇
■当選者
2名

上の情報に加えて、サンプル画像を4枚ほど載せました。

それがちょっとバズって、200人いいねと参加者は100人くらいでした。

抽選方法は、あたられ(https://atarela.herokuapp.com/)というソフトを使ってランダムに抽選しました。

フォロワーが多い方を当選させて拡散してもらうという方法もありだと思うので、そこはご自分の判断でやってみてください(*'ω'*)

そこで、当たった方にアイコンを実際に作成して、ツイートで作成したものを投稿します。

その際に、ハズレだった方も3000円でお受けしますので、是非お声がけください!と宣伝しておきます。

もし、そこで依頼が入ってこない場合は、2つ原因が挙げられます。

①イラストのクオリティが低く、3000円出してまで買うようなレベルに達していない
露出度が低いため、需要はあるのに知られていない

もし、①の場合は画力アップさせる必要があります。

値段を下げてもいいのですが、低い金額で受けても消耗していくだけなので、1ヶ月でもいいので画力アップのために時間をたっぷり使って下さい。

絵は練習すれば必ず上達します。

(ここでは、冒頭でも記載したように絵練習方法は割愛させていただきます)

②の場合は、オンラインサロンなどに参加して、フォロワーを増やしたり、そこで案件を取る方法などもあります。

わたしは、さよみみ部屋にお世話になりました。

ここでは、ブロガーが多いので、アイコンやヘッダー、ブログで使うアイコンを必要としている方が集まっているので、仲良くなってオーダーしてもらうということもできます。

※最初から売り込むために入ったり、サロン内での売り込みはNGですよ!秩序を守って行動しましょう。信頼が大切です。

さよみみ部屋に限らず、ブロガー向けのサロンは沢山あるので、自分に合ったものを探したり、サロンは使わずに地道にTwitter運用するのもありです!

ちなみに私は一ヶ月プランのみです!

ダラダラ続けても意味がないので、一ヶ月と決めてやりました。

でないと本末転倒してしまうので…

②徐々に単価を上げていくことも大事。その方法は?

アイコン・ヘッダーだけで月10万円稼いだことがあるわたしですが、それを実現するには単価を上げることが必須でした。

最初はアイコン3000円、ヘッダー5000円でお受けしていましたが、アイコン5000円、ヘッダー8000円に値上げしました。

そしてそこから更に値上げし、最終的にはアイコン10,000円、ヘッダー15,000円でお受けするようになりました(対個人)。

(対企業のアイコン・ヘッダーの依頼のみ今はお受けしていますが、アイコンは20,000円~、ヘッダーは30,000円~お受けしています)

値段を上げたらもう依頼が来ないのではないかと思ったのですが、数は減ったものの、売り上げは増えたので、作品作りをする時間を確保できるようになり、上げて良かったなと思います。

では、具体的にどうやって上げたのかというと、

この続きをみるには

この続き: 15,588文字 / 画像5枚

イラストレーターと名乗り始めて1年経ったので振り返ってみる。

蒼井アオ

1,500円

今日という日は、残りの人生の最初の日である チャールズ・ディードリッヒ
1991年生まれ沖縄・福岡・埼玉で育ったイラストレーター。2019年イラストレーターとして活動開始。2020年1月より塾講師を辞めフリーランスに。noteではSNS運用についてやイラストレーター・漫画家に役立つ情報を発信します。公式ウェブサイト▶aoikamoe.com